誰にでもできて誰にでもできない。
かなり矛盾してますが『写真』が最もそれに当てはまると思います。