昔、父にこんな感じで自分の名前を書いたら怒られた。。

デザインとはなんだろう。
単に表面的なものかそれとも機能面を含めたトータル的なものか。
人それぞれ捉え方は違いますが私としてはやはり後者の考えです。

昔、公務員で事務職の父が身の回りの物を指差して「全てのものはデザインされているんだぞ」と言われ、どういう意味かさっぱりわからなかった。

黄金律に沿ってデザインされたアップルのロゴマーク。

特にデザイン分野に興味があるわけでもでない父が言った一言は、かなりの部分で的を得ていたと思う。

それは、今自分がいる瞬間をとってもデザインされたものに常に何かしら関わっているからです。

デザインといえばきらびやかで目に見える意匠的なものだけを捉えがちですが実際は、機能性と呼ばれる目に見ない部分も同様に含まれます。

例えば、衣服。
見た目がオシャレでスタイリッシュ、色使いが素晴らしくても、自分にサイズが合ってなかったり、素材がゴアゴアしてダンボールの様だったらどうでしょう。
ちょっと極端な例をあげましたが機能面が無視されると、いくら見た目が良くてもマイナスになってしまいます。

なので、私的には『この服はデザインはいいが着心地が良くない』といった言葉は、聞いていて違和感があり、とても居心地が悪いのです。